« 日本健康医療学会設立とご入会のお勧め | メイン | OZの会12月例会 »

OZの会11月例会

11月24日例会
  会場  渋谷区歯科医師会館

  講演1(業者講演) ナクロガード1000、歯科用小器具洗浄液
  講師  ビーブランド 伊奥田 貴之 様

  講演2(会員発表) 仮義歯の審美的要因と長期保存のためにミニインプラントを活用した一症例
  講師  今城 義一 先生

  講演3(招待講演) 予後の読みにくい歯を含んだ欠損歯列への対応とその経過
  講師  服部 夏均 先生


「予後の読みにくい歯を含んだ欠損歯列への対応とその経過」

緩圧から動かない義歯への考え方の転換がなされ、コーヌスクローネに代表される動かない義歯が長期にわたり順調に経過していることが報告されています。

また、自家歯牙移植とインプラントの臨床への定着により、受圧条件・加圧条件を改善することが可能となり、治療法の選択の幅が広がりましたが、その分、どの治療法を選択するかの診断力が求められます。

特に、予後の読みにくい歯を複数抱えている症例では、そこに至った原因探しを含めて、「初診時の口腔内をどう読み、どう改善していくか」という診断が重要になります。

予後の読みにくい歯を含んだ欠損歯列への対応とその経過について検討してみたいと思います。

About

2008年10月15日 15:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「日本健康医療学会設立とご入会のお勧め」です。

次の投稿は「OZの会12月例会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35