« OZの会9月例会 | メイン | 日本歯科医師会生涯研修制度-骨造成のための患者実習セミナー(サイナスリフトを中心に) »

OZの会10月例会

10月12日例会
  会場  渋谷区歯科医師会館

  講演1(業者講演) アンキロスインプラントについて
  講師  株式会社 デントスプライ  松下 肇 様

  講演2(会員発表) 抜歯即時インプラントを中心に
  講師  兵庫県加古川市  秦 和義 先生

  講演3(招待講演) 超短波骨折治療法を応用したインプラントにおける骨造成について
  講師  朝日大学歯学部  梶本 忠保 非常勤講師

歯科における超短波骨折治療器の応用

岐阜県北方町
朝日大学歯学部  梶本 忠保


LIPUSとは低出力超音波のことで、超音波骨折治療法として医科・整形外科領域において保険適応であり、すでに認知されている技術です。さらにその顕著な臨床結果から、2008年4月新たに新鮮骨折にも保険適応になり、その範囲も難治性骨折治療から四肢の新鮮骨折治療にまで拡大、医科・整形外科領域での普及に加速がかかっています。

歯科治療への応用については世界に先駆け日本の歯科大学を中心とした研究グループ“歯科物理刺激研究会"による基礎研究がすすめられ、早期オッセオインテグレーション獲得やトラブルリカバリーの新たなる手法として、歯科インプラント臨床医の間で話題となっている技術です。ご期待下さい。

About

2008年06月18日 09:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「OZの会9月例会」です。

次の投稿は「日本歯科医師会生涯研修制度-骨造成のための患者実習セミナー(サイナスリフトを中心に)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35