メイン | OZの会4月例会 »

OZの会3月例会

厳冬の季節も和らぎ桜も間近となりましたが、先生にはお元気にご活躍の事お喜び申し上げます。
我々外科出身でない歯科医にとってインプラント治療や、歯周病の外科的処置においての出血は
容易に慣れないものですが、麻酔医がその中に入って戴けると安心して手術に臨む事が出来るのも事実です。
3月のOZの会例会は静脈内鎮静法を中心とした理論と、実際の器具での実習を試みます。
一度、ご自分でも腕を取り経験してみてください。
是非ご出席下さい。

日時  平成20年3月16日(日)1:00~
場所  渋谷区歯科医師会館
会費  3,000円
講演  1、CT機器の利用法  JMM
    2、ファイバーポストの製作法  神奈川県開業 杉山功先生
    3、歯科治療における静脈内鎮静法の実際  歯科麻酔認定医 牛戸大介先生


『歯科治療における静脈内鎮静法の実際』

牛戸大介

 歯科治療において静脈内鎮静法を用いる治療は一部の歯科医院を除いて、まだまだ一般的ではありません。
 まず最初に、骨構造やサイナスリフトを伴う複雑なインプラントや歯周外科、
歯牙移植・難抜歯などの侵襲の大きい処置において、静脈内鎮静法を併用することにより患者さん
術者の双方にどのようなメリットがあるのか確認したいと思います。

 次に、静脈内鎮静法を行うにあたり、術前診察から術後の管理までの流れを実際の臨床に則し、
二人一組で点滴の組み方や薬剤準備、モニターの使用法や薬剤投与などを実際に体験していただき、
あらためて静脈内鎮静法に関する理解を深めていただけるよう考えています。

 最後に、実際麻酔中に起こる偶発症をシュミレートしたケースを提示し、皆さんと一緒に解決する
時間も設けておりますのでよろしくお願いいたします。
(略歴)
東京歯科大学歯学部卒
同歯科麻酔科所属
山梨県中央病院麻酔科勤務・歯科麻酔認定医取得
(現職)
歯科麻酔認定医・仁和会総合病院障害者歯科・講道館ビル歯科口腔外科専任歯科麻酔医
そのた麻酔担当個人歯科医院多数

渋谷区歯科医師会館

大きな地図で見る

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年03月13日 13:54に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「OZの会4月例会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35